妊婦、雨の日は頭痛になりやすい?それ『気象病』です!

Pocket

こんにちは
とときちです\(^_^)/

今日は雨が降ってて、頭痛がする。
体調も気分もすぐれないな〜

妊娠してからこんな事ありませんか?
私も雨が降り出すと頭痛が始まる。
という不思議な期間がありました。

実はこれ『気象病』って言うんだそうです!

妊娠した妊婦さんと、雨の日の体調不良はどんな関係があるのか・・・。
そんな気象病について調べてみました!

雨の日に体調が悪くなる理由

天気のお話で、晴れの日は高気圧・雨の日は低気圧になります。
この気圧の変化が妊婦さんの体調に影響を与える犯人だったんです〜。

低気圧になることで、血管が膨張し血流が悪くなると体の不調があらわれてくるそう( ̄ー ̄ )

また、気圧が下がると副交感神経が活発になり、強烈なリラックスモードに・・・。
そうなると、やる気が出なかったり集中できなかったりと、ダルくなるんだと言います。
(なるほど!だからか!)

気象病の症状は?

先程理由を調べて書きましたが、ひっくるめて『気象病』と言うことがわかりました。
その、『気象病』の症状はこんなのがあるそうです。

  • 頭痛(偏頭痛)
  • だるさ
  • めまい
  • 眠気
  • 消化不良
  • 便秘
  • むくみ
  • 関節の痛み
  • 肩こり

などなど。
全部当てはまる事は少ないと思いますが、風邪に似た症状もありますね。

もし、妊婦検診では問題ないのに、雨の日に上記のような症状があった場合は気象病を疑ってみてください。

気象病の対策はある?

正直天気は、どうしようもありませんよね。
それでも、対策があるならしたいものです!

前もってできること天気予報で雨の日だとわかったら予定を詰め込みすぎない

これしかない。笑

普段の生活からできること

結局は普段の生活リズムで免疫力を高めるのが良いんだそうです。
ストレスをためないようにする
体を冷やさないようにする
適度な運動をする

雨の日にできること

雨が降ってる〜もう憂鬱だ・・・。
なりますなります(><)

そんな日に気にしたら良いことは、
水分をこまめにとる
お風呂に入って汗をかく
無理はしないで横になって休む

ここで、水分とってるのに汗で出しちゃうの?と思いませんか??

雨の日の低気圧は湿気が多いという事ですよね。
(たしかに髪の毛まとまらんし、くせっけになる!)

湿気のせいで、体の中の水分が増えやすくなり、必要以上に水分が溜まるので体調不良につながるんだとか!

妊婦さんは、普通の状態より普段から体内水分が多い状態ですよね。
水分が多いので出さないといけない、、、水分をこまめにとるのは古い水分を出すのが目的だそうです。

さいごに

雨の日は「古傷が痛む」なんて言葉聞いたことありませんか?

私も雨の日、昔の怪我が痛むとおばあちゃんに言われました。

そんな言葉があるんなら、昔から雨の日は体調が悪くなるのがある意味当たり前な感じだったのかな〜とか。

妊婦さんだとお腹が張る人もいるみたいです。

雨が降っていたらその日は無理せずのんびり過ごしてくださいね!

シェアしてね(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください